カラダアルファの成分を徹底調査!カラダアルファで身長は伸びる!?

カラダアルファに入っているスピルリナの栄養素がスゴイ!!

      2018/01/08

スピルリナは藻類の一種であり、地球上に30億年も前から存在していたと考えられている最古植物のひとつです。

その名前の由来は個性的な形状にあり、らせん状にうずを巻いた形をしていることからラテン語で「らせん」を意味するスピルリナと名前がつけられました。

さらにその生息環境も独特で、主にアフリカや中南米の高アルカリ性の塩湖水に繁殖していることが知られています。

その独特な生活環境が豊富な栄養素を含有する背景にあるのではないかと考えられています。

このように藻類である上に身近に存在するとは言い難く、食材とは一見程遠いと思われがちな植物ですが、近年の研究から非常に豊富な栄養素をバランスよく含んでいるということが明らかになってきました。

その栄養価の高さが認められて今では「理想の栄養補助食品」としてNASAが企画開発する宇宙食に採用されているほどです。

具体的にどのように栄養価が高いのかというと、まず基本的な5大栄養素を広くそして豊富に含有していることが挙げられます。

5大栄養素とは、タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルのことを指し、これらを満遍なくしかも含有量を高く保持している食材は他に類を見ないほどです。

例えばタンパク質の100gあたりの含有量は牛肉の約3倍、大豆の約2倍とも言われています。

また、人間が生きていく上で欠かせない必須アミノ酸18種類の含有率もタンパク質を豊富に含むとされる食材の何倍も多く含んでいることが明らかにされています。

加えてスピルリナは藻類であることから、タンパク質のみならず緑黄色野菜が多く持つとされる栄養素も豊富に含んでいます。

その代表的な栄養素として、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12などが挙げられます。

特にβカロテンに関しては緑黄色野菜の約2.5倍も豊富であると報告されています。

これらの栄養素をバランスよく含有している食材は他にはなく、まさに理想的な食材のひとつであるといえるのです。

もちろん鉄分やカルシウムなどのミネラルも十分に摂取でき、さらに驚くべきことにその吸収率が約95%と非常に高いことも注目をあつめる理由のひとつとなっています。

 - カラダアルファの成分